ランニングフォーム改善<40歳男性トレイルランナー>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

越谷baseはランナーのフォーム改善のご希望が多く、

トレッドミルを使って、

動画撮影

検証

エクササイズ

など行います .

すぐに結果が出るケースもありますが、基本的にはじっくり取り組む課題です。

今回は割とその場で実感しやすかったケースです。

定着するかはやはりじっくり取り組む必要があります。

 

<40歳男性トレイルランナー>

トレッドミルを使ってのフォームのチェック

<フォームbefore>

股関節があまり動いてない。ピッチ走法になってしまっています。

<エクササイズ>
股関節を前後に振ってもらい腸腰筋、臀筋、ハムストリングに刺激を入れる。

エクササイズポイント
・遊脚(振っている足)側に重心を作る
・股関節の伸張反射で膝があがるように意識する

これを左右適当な回数で。

<フォームafter>

かかとの巻き込みがしっかりでてきましたね。

膝がたたまれて前方に自然にでている感じでした。

横に並べて比較してみるよくわかりますね。

before                                                                 after

フォームの改善は小さな視点で捉えない方がより良い結果になると考えています。
どこにフォーカスするかは個別に判断することになりますが、
フォームの小さいランナーはできるだけ大きく走ることを心がけることです。
ピッチとストライドのバランスがよくなるまでは地道に続けることです。

松田タカシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*