症例報告:続)バレリーナのパフォーマンス16歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事はこちら

2回目の来店。

再度動きの確認を行い、施術に入りました。

やはり、施術後は股関節の可動域に変化が大きく出ます。

2枚の画像をご覧ください。

右足の方が股関節が開きます。専門的にいうと股関節が外旋しています。

股関節と下腿の協調性が出てうまく開いている、とも見えるし、

股関節と下腿が分化していないとも見えます。

はたまた、軸足やそのほか体の協調性の影響で脚の上がりに影響が出ているのかもしれません。

施術で柔軟性の低下を感じるのは左足です。

本人も親御さんもわからないようで、バレーの先生に確認するということになりました。

いずれにしても施術によって両脚とも可動域は大きく変化し、ポジショニングは良くなっている感覚はあるようです。

骨盤と下腿の連動性と分化のバランスを適正に導くのはとても難しいですが、

施術で可動域を適正にして、その状態で、丁寧に基礎練習を積み上げることで難しい動きもできるようになり、洗練していくことは確かです。

 


テレビでたまたま見た新体操の畠山愛理選手の一言。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*