2017年 11月 の投稿一覧

合理的身体動作基礎セミナー開催します。

合理的身体動作を学ぶ基礎セミナー

合理的身体動作って難しい表現ですが

例えば、
・立ち上がるたびにヨイショと言わないと動けない
・寝違いが多い
・朝いつも足がつる
・体力の低下を感じていて、「筋トレしなきゃ」と勘違いをしているとか
・年齢のせいにして対処療法でしのいでいる

スポーツ系、アスリート系の方なら
・成績の頭打ち
・慢性化した治らない怪我
・強度の強い練習ばかりに頼っていて必要以上に筋肉が発達している
・練習は裏切らない的な思考回路

こういった症状は整体が得意で改善させることも可能ですが、

自身の体の使い方を変えてあげるだけで改善させることもできるのです。

長年にわたって積み重ねてきた習慣性のある生活動作や、

徐々に機能が低下していて知らない間に動きにくくなっているとか、自分ではなかなか気づけないものです。

 

合理的身体動作基礎セミナーでは、座学で身体の本来備わっている特性や、過去の日本人の生活様式などを知り、実技で実際に動いてみて実感してもらう2部形式です。

きっとどんな方にも役に立つ内容です。

まだ募集していますので興味のある方はご検討ください。

合理的身体動作を学ぶ基礎セミナー

症例報告:続)バレリーナのパフォーマンス16歳

前回の記事はこちら

2回目の来店。

再度動きの確認を行い、施術に入りました。

やはり、施術後は股関節の可動域に変化が大きく出ます。

2枚の画像をご覧ください。

右足の方が股関節が開きます。専門的にいうと股関節が外旋しています。

股関節と下腿の協調性が出てうまく開いている、とも見えるし、

股関節と下腿が分化していないとも見えます。

はたまた、軸足やそのほか体の協調性の影響で脚の上がりに影響が出ているのかもしれません。

施術で柔軟性の低下を感じるのは左足です。

本人も親御さんもわからないようで、バレーの先生に確認するということになりました。

いずれにしても施術によって両脚とも可動域は大きく変化し、ポジショニングは良くなっている感覚はあるようです。

骨盤と下腿の連動性と分化のバランスを適正に導くのはとても難しいですが、

施術で可動域を適正にして、その状態で、丁寧に基礎練習を積み上げることで難しい動きもできるようになり、洗練していくことは確かです。

 


テレビでたまたま見た新体操の畠山愛理選手の一言。